歴史

この建物は、”櫻正宗”の銘柄で知られる灘の酒造家・八代目 山邑(やまむら)太左衛門の別邸として計画されました。

1918年(大正7年) 基本設計終了。
1923年(大正12年) 着工。
1924年(大正13年) 上棟。
1924年(大正13年) 竣工。
1935年(昭和10年) 実業家の所有となる。
1947年(昭和22年) (株)淀川製鋼所の所有となり、社長邸として使用。
1959年(昭和34年) 貸家となり米国人が住む。
1971年(昭和46年)~1973年(昭和48年) 淀川製鋼所独身寮として使用。
1974年(昭和49年)5月 国の重要文化財の指定を受ける。
1981年(昭和56年) 調査工事が行われる。
1985年(昭和60年)7月~1988年(昭和63年)11月 保存修理される。
1988年(昭和63年)12月 完工。
1989年(平成元年)6月 淀川製鋼所迎賓館として一般公開される。
1995年(平成7年)1月 阪神・淡路大震災により一部破損。
1995年(平成7年)6月~1998年(平成10年)3月 調査・修理工事が行われる。
1998年(平成10年)3月 完工。
1998年(平成10年)5月 一般公開再開される。